内田春菊 映画「連結部分は電車が揺れる 妻の顔にもどれない」を追加。小松みゆきは乳首なし

夫に失望し、離婚を考え始めた妻が、パート先のイケメン常連客に恋をして女の顔を取り戻す話。ラブ・アンド・エロス・シネマコレクション「スプリング」として公開された映画のひとつです。原作者であり、脚本・監督を務めた内田春菊が、主人公(小松みゆき)の友人役として出演し、不倫相手との濡れ場で何度もヌードになっています。

以下、解説と雑感です。

  • 内田春菊…乳首、濡れ場(女性上位、正常位)、フェラ
    • 主人公の友人役。行きずりの若い男(岡部尚)や数十年ぶりに再開した元恋人(羽場裕一)との濡れ場で乳首を見せる。ただし、セックスは不完全なものばかり。
    • 詳細は登録ページにて
  • 小松みゆき…濡れ場(正常位)、乳もみ、乳なめ、横乳、手マン、尻タッチ、尻、パンティ、背中
    • 主人公。夫役を演じている田山涼成との濡れ場。生乳を揉まれたり、パンティの中に手を入れられたりするような激しい描写はあるものの、どういうわけか乳首は隠している。
  • 名前不明のAV女優…乳首、濡れ場(女性上位)、乳もみ
    • 内田と浮気相手(岡部尚)がいるラブホテルのテレビでアダルトビデオを流している。出演している女優の名前はわからないが、最近の作品ではないように見える。