ソ・ヨンヒ 映画「世界で一番美しい別れ」レギンスの上から尻を触られる

世界で一番美しい別れ [DVD]

家族のために身を粉にして働いてきた母親が末期ガンとわかり、それまでバラバラだった家族が向かい合って、こころを通わせる話。主人公である母親(ペ・ジョンオク)の義妹を演じているソ・ヨンヒが、夫に尻を触られるシーンがあります。

※1996年に制作されたドラマ版ではなく、2011年の映画版です。

以下、解説と雑感です。

  • ソ・ヨンヒ…尻タッチ、キス
    • 主人公の義妹役。夫(ユ・ジュンサン)に、レギンスの上から尻を鷲づかみにされ、その流れでキスをする。キスは、このシーン以外にもある。
  • パク・ハソン…キス、着衣の乱れ
    • 主人公の娘役。妻子持ちの男性(パク・ヒョックォン)と会社内でキス。その際にブラウスが少し乱れる。
  • ペ・ジョンオク…キス、入浴、背中、トイレ
    • 主人公。夫に入浴を手伝ってもらうシーンで、背中や腕を洗ってもらう。肩より下は全く見えていない。また、就寝前のベッドで夫にキスをせがんで、キスをする(暗いため、実際に唇をつけているかは不明)。
***
  • 良作。生活風景やセリフに飾り気がなく、素直に物語を感じることができる。