真木よう子 映画「ゆれる」 S気味のオダジョーと濡れ場、自慢の爆乳もチラリ

ゆれる [DVD]

法事のためふるさとに戻ったオダギリジョーとその幼なじみである真木よう子は、久しぶりに再開してそのままセックスをすることに…。まさに、あうんの呼吸です。

バイト帰りの真木よう子をオダギリジョーが車で送っている間の一言二言で二人は合意に達し、次のシーンでは抱き合っています。真木よう子はすでに下着姿になっており、爆乳がブラジャーからこぼれそうな状態になっています。

抱き合ったままひとしきりキスを交わした二人は、オダギリの「舌、出せよ」の一言で動きが止まります。オダギリの言葉に一瞬ためらう仕草を見せた真木ですが、結局は言われるがまま恐る恐る舌を出して応えます。それを見るやいなやオダギリは真木の口元に吸い付き、舌ごと自分の口の中に持ってゆき30秒足らずの濡れ場は終わります。濡れ場の後半では真木の息づかいも多少聞こえます。

二人の濡れ場は終わり本筋へと戻りますが、その後もう一度オダギリの回想として濡れ場があります。短いシーンですが同じシーンの使い回しではなく、全く違う角度からの映像です。正常位だった体位も対面座位へと替わっています。

***

映画「ゆれる」は、香川照之が演じる兄と弟オダギリジョーの人間模様を描いたヒューマンドラマです。外見や性格、境遇の違いから生まれた様々な事柄が真木よう子扮する智恵子を挟んで展開します。魅せる演技、考えさせるシナリオ、余韻を残すエンディングなど、まさに「映画」です。個人的にはあまり好きなタイプの映画ではありませんが、良作と評価する人の気持ちもわからなくはないです。