石橋けい 映画「ミツコ感覚」ソフトな濡れ場とアフターセックスの下着姿など

東京郊外に住む美人姉妹の、日常のような非日常を描いた群像劇。美人姉妹の姉を石橋けいが演じていて、ソフトな濡れ場とアフターセックスシーンでブラジャー、パンティ姿を見せています。

以下、解説と雑感です。

  • 石橋けい…濡れ場(正常位)、レズキス、背中、ブラジャー、パンティ
    • ミツコの姉役。会社の上司で不倫相手の古館寛治との濡れ場。濡れ場は一瞬だが、感じるような表情、声は見聞きできる。また、行為後の着衣シーンで、ブラジャー、パンティ姿になる。そのほかに、同僚女性(端田新菜)と軽いキスあり。
  • 山本裕子…キス、肩上
    • ミツコのストーカー・三浦の姉役。上半身裸で弟(三浦俊輔)と抱き合いながらキスを繰り返す。
  • 裸で抱き合う男女の女…キス、肩上
    • 詳細が語られることはなく、誰だかわからないが、三浦の姉(山本裕子)のキスシーンと同じような構図で男女が抱き合っている(ミツコの父と継母か!? 継母なら安澤千草ということになる)。
***
  • おしゃれな暮らし方を楽しんでいる美人姉妹を描くミニシアター系映画のように見せかけて、実はシニカルなコメディ映画。ありそうで、ありえない会話がポンポンと飛び出して、ニヤニヤ、クスクスが止まらない。